BLOG ブログ

今宮戎神社にて舞楽奉納しました

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年始早々、大阪市浪速区にある今宮戎神社(いまみやえびすじんじゃ)にて舞楽「登天楽」(とうてんらく)を奉納いたしました。

今宮戎神社の詳細はコチラ↓

https://www.imamiya-ebisu.jp/historyandvenerable

舞人 住職

登天楽は、朝鮮半島由来の高麗楽(こまがく)に属し四人で舞われる舞です。

我が国で作られた曲といわれていますが、作者は不明の謎多き曲です。

舞の途中で「天地の岐呂利(ぎろり)」という両手を天に向けて手首をひねったり、腕を振る「フリガイナ」など特徴のある舞の手があります。

拝殿 登天楽

装束は蛮絵装束(ばんえしようぞく)を着ています。

蛮絵装束(ばんえしょうぞく)は、宮中の警備にあたった役所・衛府(えふ)の武人の装束に由来し、丸い文様が袍にある軽やかな装束です。

この文様は、宮廷では獅子や鳥、草花などが円形で描かれています。

現在の袍(黄色)には、唐獅子が二体刺繍されています。

このように、普段の法務(葬儀・法事)とは別に、神社の慶事にも携わっています。

日本の宗教混在(神仏習合)の良さともでもいえましょうか。