SERVICE 業務紹介

SERVICE01 法要・儀式依頼

お寺での葬祭や儀式といえば、弔事を思い浮かぶことが多いのではないでしょうか。幸教寺では、慶事を含めた仏事全般(初参式・七五三・仏前結婚式・法事・葬儀・納骨および永代供養)のご依頼を承っております。

幸教寺のお葬式 葬儀パンフレット

人は輪廻転生を繰り返し、縁あってこの世に人間として生を受けます。経典に「人身受け難し、今すでに受く」とあるように、考えてみるととても貴重な経験なのです。
本来、仏教とは生まれた瞬間から死ぬまでノンストップで関わり続けるもの。当寺は仏教教義による特別な時間と価値を提供し実現すべく、あなたの人生に寄り添い、さまざまな法要仏事をお勤めいたいします。

法務(業務)の執行にあたり、目安として料金表を記載しております。しかし、本来お布施に料金を定めることは仏教教学的に困難です。そこで、お布施についての説明を添えておりますのでご確認のうえご依頼くださいませ。

必読 お布施とは?

PRICE

葬儀(院号付き)
400,000円
葬儀(院号なし)
200,000円
法事(本堂使用時)
60,000円
法事(ご自宅)
50,000円
仏前結婚式
150,000円
※その他の儀式についてはお問い合わせください。
※お布施の金額はあくまでも目安です。お気軽にご相談ください。
※福祉葬のご対応いたします。

SERVICE02 各種永代供養納骨壇

遠方のお参りいつまで行けますか?


最近、大阪で納骨を幅広く引き受けていた寺院が、突然依頼件数に制限をかけました。つまり、それだけ需要が拡大しているということです。その一方で「お骨をお預けるだけでよい」という考え方や、医療介護費の増加などによる「葬祭費を抑える」という意識の持ち方が増えつつあります。これらの問題を踏まえて納骨費用を下げている寺院もありますが、当寺ではただ安価に納骨をお引き受けするようなことは考えておりません。なぜなら、寺院は「お骨の預かり所」ではないからです。お骨は、皆様が故人様(ご先祖様)へのお参りを通じて仏縁に会っていただくためにお預かりしています。そのため、預けたらお終いではなく、可能な限りはご親族様にお参りしていただきたく存じます。当寺では、皆様のライフスタイルや考え方に合わせて、ご納骨形式を「本堂納骨壇」「屋外永代供養納骨壇」「合祀」の三種類をご用意しております。身体的な事情によりご参拝が難しい方の為に「ご送骨」も承ります。

ご納骨の流れ ご送骨受付

また、京都市東山区にある大谷本廟境内にも当寺院専用納骨壇をご用意しております。

無量寿堂 納骨

大切な想いはいつでも会いに行ける場所に、、、

使用規約及び申込書

PRICE(屋外納骨壇アミターユス)

集合区画(合祀)
50,000円~
納骨壇一区画(約十二寸)
650,000円~
※永代供養料は33回忌まで含みます
(料金は月々1000円以下)。
※年間管理費5,000円。(合祀区画不要)
※宗旨・宗派問わず、ご依頼を承っています。
※寄付申請はございません。
※ペット可
※こちらは屋外納骨壇です。

PRICE(本堂納骨壇)

骨壺六寸
450,000円
骨壺五寸
400,000円
骨壺四寸
350,000円
骨壺三寸
300,000円
※永代供養料は33回忌まで含みます。
(料金は月々1000円以下)
※年間管理費5,000円です。
※宗旨・宗派問わず、ご依頼を承っています。
※寄付申請はございません。
※ペット不可
※こちらは本堂集合区画納骨壇です。

PRICE(大谷本廟)

指定納骨容器(大・小)
お問い合わせください。
※年間管理費なし。
※当寺院への所属が必要です。
※寄付申請はございません。
※ペット不可。
※大谷本廟「第一無量寿堂」集合区画納骨壇です。

SERVICE03 終活相談

近年、メディアで頻繫に取り上げられている話題の「終活」。実は、これがとても複雑であるというのはご存知でしょうか?将来的に起こりうるものとして、入院・保証人の署名・認知症・成年後見人の申立・生前整理・家族の介護・法的備え(士業)・葬儀・納骨・遺品整理・相続といろいろあります。
当寺では皆様が「もしものときのために、問題にならないように」終活することをおすすめしておりますが、問題への取り組みを後回しにされる方や躊躇される方が多いようです。
しかし、これまで葬儀などで問題が表面化し、争うことになった事例をたくさん見てきました。「死」は、いつ訪れるかわかりません。そのため、思い立ったそのときに行動していただきたいと思います。当寺は、皆様が「終活」をできる限り円満に進められるようサポートいたします。

ご予約

PRICE

個別相談(1時間)
お気持ち
※ご予約は1時間単位となっております。

SERVICE04 伝統芸能体験

日本の伝統芸能の源流が「仏教」であることをご存知でしょうか?
例えば、世界最古のオーケストラといわれるユネスコ無形文化財の雅楽は、5世紀頃の仏教伝来時に日本へ伝わりました。大法要時には雅楽の演奏に合わせて踊る舞楽がなされ、その文化は後世に大きな影響を与えました。
他には能・狂言・茶道・華道・書道・落語など枚挙にいとまがありませんが、いずれも仏教をもとに発展しております。当寺では、雅楽・華道をメインとしたプログラムを不定期で開催しています。
※開催日時につきましては、SNSなどで随時更新いたします。

PRICE

料金は仕入れ状況などにより変動します。
まずはSNSやブログをご確認ください。

SERVICE05 シンギングボウル瞑想

最近よく聞くマインドフルネスとは、「今起きていることに意識を集中させる心のあり方」を指します。言い換えると、雑念を持たずリラックスして“今”だけに集中し、研ぎ澄まされた状態になること。あるがままの状態を受け入れるということからストレスはほとんどなく、自分の力をもっとも発揮できる状態でもあるわけです。
一般的に、私たちはそんなマインドフルな状態から程遠い場所にいます。1日の処理すべき情報量が増えると、なかなか心が休まる時間は持てません。また、頭の中では不安・否定・恐怖・評価・どうにもならない過去のこと・どうでもよいことなど、ずっと喋り続けています。一言でいうと「あれこれ考えすぎている」わけです。そうしていると、混乱して事実が見えなくなったり、否定的な声が大きくなってストレスが溜まったり、結果的にパフォーマンスが下がってしまったりします。
最新の脳科学では、マインドフルネスに「ストレス軽減」「集中力アップ」「乱れた自律神経の改善」などの効果があることが実証されました。この結果により、マインドフルネスがアメリカのGoogle・Facebook・インテル・マッキンゼーといった大企業の他、政府機関の研修に取り入れられるように。さらに、小学校などの教育機関で積極的に取り入れた結果、子どもたちのいじめや差別が減ったという報告もあります。マインドフルネスは、日本でもテレビや雑誌で特集が組まれるなど、今や世界的に大きな注目を集めています。

そんなマインドフルな状態となるように、チベット僧が使うシンギングボウルを用いてお寺で瞑想体験をしています。 シンギングボウルの音色には ”1/f揺らぎ” ”ソルフェジオ周波数”など癒しの効果も含まれているため、上記目的以外の方にもおススメしております。

毎月15日13時より開催しております。

神秘的体験を共にしましょう。

ご予約

PRICE

シンギングボウル瞑想体験60分
お気持ち
※毎月15日開催。

SERVICE06 トレーニング

ジムを併設しております。「お寺にジム?」と驚かれる方も多いですが、「人生100年時代」といわれるように近年では平均寿命が延び続けています。それにあたり老後資金も必要ですが、それ以上に健康を維持することが大切です。
普段からご高齢の方と接する機会が多いですが、身体に関する悩みとして一番聞くのが足腰の弱さです。階段の上り下りや散歩などを習慣的に行っている方が多い様子ですが、無理のしすぎによりかえって身体を痛めたり、転倒してケガをされたりする方も少なくありません。そのため、負荷の調節ができるマシントレーニングの方が、安全かつ効果的なのです。
当寺では、普段から筋力トレーニングを行っている住職自らが、皆様にこれまでのノウハウをわかりやすくお伝えしています。運動習慣がない方も、身体を動かす楽しさを知っていただければ幸いです。よりよいライフスタイルの確立のため、どうぞご利用くださいませ。
※サプリメントの摂取方法に関する指導も行っております。

ご予約

PRICE

一時利用
お気持ち
パーソナルトレーニング(60分)
お気持ち
※こちらは完全予約制です。
※駐車場、更衣室、シャワー完備。
※当施設は個人利用であり、アルコール消毒を利用ごとに徹底し、コロナウイルス感染予防に努めております。