BLOG ブログ

お寺での永代供養の仕方

はじめに

近年では、お墓に対する従来的な考え方から変わり、永代供養という新しい形式のお墓を選択するというご相談が増えています。それに伴い、各寺院や霊園なども相次いで手掛けるようになり、増えすぎてしまいました。
なので、いざ永代供養墓を探そうと思うと、人生にそう何度も経験することではないここと相まって、なかなか決めるのはむずかしいと思います。

永代供養は寺院や霊園で行ってもらうことができますが、本格的にお墓選びを始める前にどれぐらいのお金がかかるのかということや、選ぶときに注意するべきことなど、事前に知っておきたいことはたくさんあることでしょう。

そこで、今回の記事では永代供養をお寺で行うために知っておくべきことについて詳しくご説明いたします。
ぜひこれからお墓選びをしようとお考えの方は、あとで後悔することがないよう参考にしてください。

永代供養とは

さきほど永代供養を選択する人が増えているとは言いましたが、まだまだよくご存知でない方もいらっしゃることでしょう。
永代供養とは寺院や霊園が遺族に代わって遺骨の管理や供養を行ってくれる供養形式のことです。
永代供養は子孫がいないためお墓を継承できない方や亡くなったあと遺族に面倒を掛けたくないという方のニーズに応えて誕生しました。

メリットとしては、遺骨の管理供養の手間がかからず遺族にとってもその後が楽ということ、また金銭面でも通常のお墓に比べてリーズナブルで約10万円から利用することも可能ということです。

一方デメリットとしては、合祀といって遺骨を他人の遺骨と一緒に管理する形式をとるので、あとから遺骨を取り出すことができずトラブルの元となる可能性があります。
大阪では天王寺区にある一心寺さんがそれで、検討の際には親族の方々ともよく話し合った上で決めることをおすすめします。

お寺で永代供養を行うとかかる費用

次は寺院で永代供養を行うときにかかる費用について説明します。
まず一口に永代供養といってもそのお墓にはいくつか種類があり、その種類によって値段の相場が異なってきます。
お墓のタイプ別の費用
永代供養墓の種類は大きく以下の2つです。

・集合墓
・合祀墓

集合墓
続いて集合墓ですが、こちらは石碑や塔を建てて、その下や内部に遺骨を収蔵するお墓です。
あくまで遺骨自体は個別に管理されているため、この点が後に説明する合祀墓とは異なります。
お値段も比較的リーズナブルで、約30~70万円の間ぐらいになります。

合祀墓
最後に合祀墓は大きなモニュメントの下に専用の合祀スペースが用意してあるお墓で、遺骨は他の人のものと一緒に埋葬します。
※単独墓、集合墓も一定期間(多くは17回忌、33回忌など)を過ぎると、合祀墓に移動されることがほとんどです。
お値段は最も安く、その相場は10~30万円ほどになります。

また、永代供養墓以外にも納骨堂で永代供養を行ってもらうことも増えています。
納骨堂とは、屋外で墓石を建ててその下に遺骨を納める従来のお墓とは異なり、屋内外の納骨スペースで遺骨を管理供養しています。
納骨堂自体は新しいものではなく以前よりお墓を建てている間の一時預け先や、お墓のない方のために機能していましたが、近年その数は年々増加しており、中には永代供養を取り扱っているところも多いです。
通常の永代供養墓と同様、そのタイプは様々であり、それによって永代供養の費用も異なりますが、10~100万円がその相場になっています。

お布施と年間管理費

永代供養をお願いしたからといって仏事を省略していいわけではありません。
「お金を払ったのだからほったらかしてもいい」とは、釈迦様も親鸞聖人も仰っておりません。せめて、お寺の行事(彼岸やお盆)には出向いて、墓の前で手を合わせましょう。
お布施の相場は1~3万円と言われていますが、お寺の方と相談の上決めるのが良いでしょう。

年間費
永代供養を選択された場合、基本的には年間の費用等は発生しないところもありますが、
これはあくまで一般論になるので、寺院によっては施設利用料など費用が発生する場合があります。

どれも納得の上で契約をしているのなら別ですが、費用は発生しないと思っていたのに、後々になって発生すると発覚してトラブルになる恐れもあります。
永代供養墓を選ぶときには契約書の内容をよく確認して、お金がいつ、何に、いくらかかるのかは明確にしておきましょう。

お寺で永代供養をおこなうときの注意点

いよいよ永代供養をお願いしようとなったときに、いくつか注意しておきたいポイントがあります。
あとで知らなかったということがないように事前に確認しておきましょう。

納骨の仕方
すでに少し触れましたが、まずは納骨の仕方についてです。
永代供養の場合はそのお墓の種類によって納骨の仕方が異なります。
「遺骨は個別管理されると思っていたのに、後あと合祀されるのは知らなかった」、「17回忌までしか個別で管理されないなんて聞いてなかった」など、後でトラブルがないように事前確認は忘れずに行ってください。

供養の仕方
次に供養の仕方についても確認しておきましょう。
ほとんどのお寺ではお盆やお彼岸、また法事の際には供養をおこなってくれますが、やはり寺院それぞれにその回数やタイミングは異なります。
供養の仕方についてこだわりがある場合には契約前の確認が必要です。

檀家について
寺院で永代供養を行うには、檀家に入ることを条件としている場合があります。
檀家とはその寺院に所属することを意味し、供養を行ってもらう代わりに財政面での後ろだてになることを意味します。
檀家になるとそのお寺に対してお盆やお彼岸のときにお布施を支払う必要が出てくる場合があります。
そのため、これから永代供養を申し込む先が檀家になることを条件としているかどうかは、事前によく調べておきましょう。

位牌・過去帳の取扱について
永代供養に切り替えたあとは位牌・過去帳をどのように扱ってよいか困ることがあると思います。
寺院によって異なりますが、位牌・過去帳もあわせて永代供養をしてくれるところや一時預かり供養をしてくれるところもあります。
あるいは閉眼供養をおこなってから処分するという方法もありますが、もし位牌もあわせて残しておきたいと考えるのであれば、あわせて供養をしてくれるお寺を選ぶのが良いでしょう。

お困りの方に提案できるお墓
最後にやっぱりどのお墓を選んだらいいのかわからないという方に向けて、当寺院のお墓をご紹介したいと思います。
blogのリンクと使用規約も貼っておきますので、自身で選ぶときにも参考にしてみてください。

下記、リンク

【永代供養納骨墓】

【使用規約及び申込書】